FAQ
よくある質問

お問い合わせ内容によっては『よくあるご質問』でご回答が得られる場合がございます。
お問い合わせ前に今一度『よくあるご質問』よりご確認くださいますようお願い致します。

カルジェルについて

カルジェルはどんなジェルでしょうか?

地爪を傷めず長持ちするのが特徴です。薄付きでナチュラルに仕上がるカルジェルは、お手入れ時にも爪をほとんど傷めません。長持ちするのでお忙しい方にもお勧めです! 詳しくはカルジェルとはをご確認ください。

カルジェルの落とし方は?

カルジェルはカルリムーブという溶液で落とせる「溶液除去タイプ」のジェルネイルです。ファイリングする手間が省けるのと、細かいダストが出ないので、お客様ご自身でも手軽にオフできるのが魅力です。 詳しくはカルジェルの落とし方をご確認ください。

カルジェルはどこで試すことができますか?

カルジェルは全国のカルジェルサロンでお試しいただけます。全国カルジェルサロンをご覧ください。

カルジェルを習いたいのですがどこで受講できますか?

カルジェルは全国で活躍しているエデュケーターが指導しております。全国カルジェルスクールをご覧ください。

爪が弱くてもカルジェルはできますか?

カルジェルはお手入れの際にも細目のバッファーを使用するなど、地爪のダメージを最小限に抑え、補強するナチュラルネイルケアシステムです。爪が弱い方でも、それ以上に爪を傷めることがなくお試しいただけます。

マニュアルのみ購入したいのですが

教育商材のカテゴリの商品につきましては、カルジェル講習修了生のみご購入いただけます。

サンディングが必要ないジェルということですが、どういったプレパレーションを行っていますか?

240グリッドの細目のバッファーを使用して表面のつやをとる程度にとどめています。
カルジェルを塗る前の地爪のお手入れですが、240グリッドの細目のバッファーを使用して表面のつやを取る程度です。 240グリッドのファイルもルーススキンが残りやすい甘皮際に軽く使用し、爪全体を削ることはありません。ですから繰り返してつけていても、地爪を傷めにくいシステムになっています。

クリアジェル一個で何人分の施術が可能ですか?

4gで15~20人程のジェルコート(2回塗り、10本)が可能です。
クリアジェル、カラージェルともに、4gで15~20人程のジェルコート(2回塗り、10本)が可能です。ジェルの材料費は施術費の約3~7%(平均)です。

カルジェルはどうしてUVで固まるのですか?

カルジェルは、ジェル状の合成樹脂を主成分として、それに重合開始剤(フォトイニシエーター)を混ぜたものです。重合とは化学変化を意味し、ここでは、ジェルが定着する過程を表しています。 紫外線に反応するのは ジェルそのものではなく、ジェルの中のこの重合開始剤です。重合開始剤は紫外線を受けると、ジェル状の合成樹脂を硬化させる成分を出し、これによって定着過程が進んでいきます。

カルジェルのクリアの種類は何種類ですか?

カルジェルのクリアは「カルジェル クリア」の1種類です。これ1つで、カラージェルの下地などのベースジェル、スカルプチュアのビルディング(盛り上げ)ジェル、アートやストーンをコーティングするトップジェルに使える万能タイプ。定着時間は60秒です。

カラーカルジェルは何色ありますか?

限定色の発売など季節によって若干の変動はありますが、常に豊富なカラーバリエーション(常時約100色)を取り揃えています。MIXしてオリジナルカラーを作ったり、色彩豊かなアートを楽しんだり出来るのが嬉しいシステムです。

どんなUVランプでも使えますか?

弊社製品のクリスタランプのようなCCFL(冷陰極管)タイプでしたら36W以上のUVランプをご使用ください。 弊社製品のクリスタランプは、消費電力が従来品より40%省エネとなっており、頻繁なバルブ交換が不要です。カルジェルのUVランプとして推奨しております。

他メーカーのプリプレパレーション溶液(消毒液)、ポリッシュリムーバー(除光液)、トップコートやネイルポリッシュなどは併用できるのですか?

カルジェルは、他溶液類に対して少しデリケートな性質があります。カルジェルそのもののパフォーマンスを最大限に楽しむためにも、ぜひカルジェル専用の溶液類&トップコートをご使用ください。他メーカーのネイルポリッシュは、カルジェル専用トップコートのカルクリスタル、もしくはハイグロストップコートを塗った上であれば、重ねて塗ることが出来ます。

ネイルアカデミーについて

ネイル初心者です。講習を受けてからどれくらい練習をすればお客様に施術が出来ますか?

カルジェルだけでなく、統括的なネイル施術を習得することが必要です。お客様に施術できるようになるためには、ジェルネイルなどの応用はもちろん基礎技術や接客をしっかり学ぶことが必要です。 一人ひとり違うコンディションのネイルに、プロフェッショナルな施術ができるようになるには日々の練習の積み重ねが必要となるでしょう。 まずは全てのネイル施術の基礎となるマニキュアコースから始めてみてはいかがでしょうか?

カルジェルコースはどこで受けても同じですか?

カルジェルコースはジェルの基本の塗り方、スカルプチュア、フレンチなど10科目で構成されています。 この科目は共通ですが、初心者向け、プロ向けのコースがそれぞれ設定されています。 詳しくは最寄りのエデュケーターにお問い合わせください。

各講習には何を持って行けば良いですか?

スクールによって貸出可能な機材が異なります。受講するスクールのカルジェルエデュケーターにお問い合わせください。

カルジェル講習は器材費込みですか?

スクールによって器材費の設定が異なります。受講するスクールのカルジェルエデュケーターにお問い合わせください。

カルジェル講習が終わると何かもらえますか?

修了証とIDカードが発行されます。また、PCC試験・Calgel試験の受験資格が得られます。

エデュケーターになるには、どうすればいいですか?

Calgel試験に合格すると、カルジェルエデュケーターの資格が取得できます。エデュケーターには、インターナショナル・カルジェルエデュケーターライセンスと、バッジが発行されます。

エデュケーターでなくてもサロンとか、お友達とかに教えてもいいですか?

カルジェルエデュケーター以外の方がカルジェル講習を開講することはご遠慮下さい。教育活動を行いたい方は、教育に必要なカルジェル技術を確立するため、カルジェルエデュケーター試験の合格を目指しましょう。

サロンワークのための検定のようなものはありますか?

2010年より、カルジェルコース修了者対象の、サロンワーク技術チェック「プラクティカル カルジェル サーティフィケイト(PCC)試験」が開催されます。 試験を受けてみたいけれど、カルジェルエデュケーター試験は難しそう…10本全部の仕上がりを見てほしい…サロンワークのための練習をしたい…。そんな皆様に向け、PCC講習はジュニア(ラメグラデーション)、セカンド(カラーグラデーション)、ファースト(フレンチ)の順で、サロンワークに必要な技術のチェックを行います。 詳しくはこちらをご覧ください。

サロンの予約について

メールで予約をしたいのですが

大変申し訳ありません。現在お電話のみのご予約とさせていただいております。

当日何時まで受け付けていますか?

メニューによって異なりますが、Calgelコートであれば最終受付が15:00となります。

キャンセルはできますか

キャンセルは可能ですが前日までにご連絡ください

予約に遅れそうなのですが

お電話ください。 また、場合によっては時間内に終了する施術となる可能性がありますことご了承ください。

カルジェルに関して

ジェルはどのくらい長持ちするの?

カルジェルの長持ち度は、個人差はありますが、だいたい3週間~4週間です。ここでいう個人差とは、生活のバックグラウンドや、爪の状態の違いです。水仕事や力仕事の多い方は、水分過多や事故による剥離が多く、痛んでいる爪の場合、そうでない爪よりジェルの持ちが良くありません。

カルジェルは他のジェルと何が違うのですか?

専用の溶液(カルリムーブ)で落とせるということ、柔軟性があることなどです。カルジェルを塗る前の地爪のお手入れの時にも、爪表面へのファイリングは行わず、プライマーも使用しないなど、地爪にダメージを与えにくいシステムになっています。カルジェルについてをご覧ください。

家でカルジェルを落としたいのですが

カルリムーブという溶液で、安全にしかも簡単にオフすることができます。ファイリングする手間が省けるのと、細かいダストが出ないので、お客様ご自身でも手軽にオフできるのが魅力です。カルジェルの落とし方をご覧ください。

爪が折れてしまって長さが揃っていないのですが、カルジェルはできますか?

可能です。ジェルまたはチップで長さの調整ができますので、お好みの長さに揃えてお試しいただけます。

ジェルやマニキュアをつけたら、爪が呼吸できなくなるって言うけれど大丈夫でしょうか

カルジェルは地爪から発散される水分を、ジェルを通過させて蒸散します。そのため地爪とジェルの間に水分が溜まることがほとんどありません。

ホームメンテナンスは何をすれば良いですか?

モガブルックではお客様に、出来立ての美しさを保つための週一回のホームメンテナンスをオススメしています。 ホームメンテナンスは、至ってシンプル。トップコートの塗り替えをするだけです。 この10分のメンテナンスで、カルジェルにツヤが戻ってきます。詳しくはホームメンテナンスについてをご覧下さい。

上にぬったポリッシュを取るために、除光液を使っても大丈夫ですか?

カルクレンズをご利用下さい。